矢向の暮らしに役立つ情報やおすすめスポットを一件ずつ、丁寧に取材してご紹介するエリアガイドです。


多摩川緑地

緑地公園


堤防からの雄大な眺望は爽快感を心ゆくまで味わえる

多摩川は山梨県甲州市の笠取山や大菩薩峠を源に、東京湾に注ぐ全長138劼琉豕蕾論遏川崎市内の5区(多摩・高津・中原・幸・川崎)に接する多摩川の河川敷は、野球場、サッカー場、多目的広場などが整備され、多摩川緑地として市民のスポーツとレクリエーションの場になっている。遠くまで見渡せる広大な空間は、爽快な気分を心ゆくまで味わえる。

  • 川崎市川崎区宮本町1(川崎市建設緑政局公園管理課)

  • 044-200-2395

多摩川緑地 画像1
多摩川緑地 画像2

〜 「矢向」という街のポテンシャルをさぐる 〜

住宅アナリストの目による矢向「街力」検証レポート

  • 暮らし力

    川崎市幸区矢向地区は、川崎駅西口と新川崎駅を身近にした「暮らしやすい」街である。とりわけ歩いていける西口は、先端を行くファッション、家族揃って楽しめるアミューズメント、本格的な味が楽しめるレストランなどさまざまな施設が設けられ、居ながらにしてくらしを豊かにしてくれる。ミューザ川崎シンフォニーフォールなど文化施設も事欠かない。また新川崎駅周辺と鹿島田駅には高層マンションが整然と並び、快適な住環境が実現している。

  • 子育て力

    矢向地区のもう一つの特色は、子育て環境が充実していること。塚越保育園をはじめ保育園は9施設あるし、他の自治体ではあまり例を見ない川崎市地域保育園、私立保育園、幼稚園などが目白押しである。川崎市はこのほかにも児童手当、特別児童扶養手当など、さまざまな手当を用意。子育て環境も充実している。

  • 交通力

    資産価値の決め手となる交通アクセスでは、駅からの徒歩分数、主要駅への所要時間がポイントとなる。駅から5分以内、川崎駅へ4分・東京へ20分(横須賀線)の所要時間のいずれも資産性が落ちにくい数字となっている。新川崎駅が利用できることもプラス。


住宅アナリスト 山本 好延

このページのトップへ