上石神井の暮らしに役立つオススメスポットやこだわりのショップを紹介する街歩きエリアガイドです。

ザ・パークハウス上石神井レジデンス

アナログ.

(カレー)

個性が光るカレー屋さん! 人気メニューは『鶏魚介カレー・アナログ.』

西武新宿線「上石神井駅」より徒歩2分。カウンター5席ほどの小さなカレー屋さん。カレーのネーミングが個性的。人気メニューの「アナログ.」は、鶏とタラを合わせた鶏魚介カレー。鶏の旨みと魚介の風味がバランスよくまとまっている。チキンカレー「チキンな彼へ。」は、ジャガイモやニンジン入りの日本的なカレーをベースに赤唐辛子を効かせた味。2種類のカレーを盛り合わせた「ハーフ&ハーフ」も人気。きざみニンニクものせてくれる。
アナログ. サブ画像1
アナログ. サブ画像2アナログ. サブ画像3

MENU

profile

  • 住所

    練馬区上石神井1-13-7ホームページをみる


  • 電話番号

    未公開


  • 営業時間

    11:00〜売り切れまで(詳しくはTwitterでご確認ください。)


  • 定休日

    不定休



このページのトップへ

このページのトップへ

上石神井の街力

住宅アナリストの目による「街力」検証レポート

住宅アナリスト 山本 好延


  • 文教力・自然力

    住まいを購入したいというカスタマーが、まず第一に検証するのは、住環境と交通アクセスである。上石神井周辺には、様々な施設が広がり、素晴らしいエリアが広がっているが、ここでは現地を訪ね、筆者的視点から「街力」、「物件力」を解析してみよう。 上石神井を初めて訪ねたのは、学生時代であった。上智大学神学院で教鞭をとる牧師に会いに行ったのだが、その時の現地周辺に広がる街の第一印象は、武蔵野の自然が広がり、街並みは落ち着きがあり、心安らぐ雰囲気であったと記憶している。今回、久しぶりに訪ねたが、生活利便施設が増えていたことを除けば、昔とほとんど変わらない住環境が広がり、暮らしやすいと感じたものである。街が大きく変わらなかった理由は、大学のキャンパスが広がっていたからだ。大学のキャンパスが広がっていると、乱開発が行われず、街全体に落ち着きがあり、アカデミックな雰囲気溢れる街となる。現地周辺には、上智大学石神井キャンパスに加え、早稲田大学高等学院・中等部、石神井小学校、石神井中学校などがあり、まさに文教の街である。加えて緑の自然。武蔵野の面影をいまに残す石神井川、石神井公園、少し足をのばせば善福寺公園と、ここに住む人の心を癒してくれる自然が広がっている。


  • アクセス力

    \症霓圭廟上石神井駅に加え、武蔵関駅も利用できる、∪仗整羆悗らは、急行を利用し高田馬場へ2駅13分、高田馬場で山手線に乗り換え新宿へ17分、池袋へ17分、東京メトロ東西線を利用し大手町へ27分と主要駅にも近い。そしてC羆線吉祥寺、西荻窪、荻窪駅方面へ行くバスの運行本数が多く、生活圏として気軽に行くことができる。先述した大学キャンパス、文教環境とアクセスのよさ、さらには西友、サミットストアなど買い物施設も豊富なことも魅力である。


  • 企業力・物件力

    資産価値を計るもうひとつの項目が「売り主の企業力」。売り主は三菱地所レジデンス。用地取得の確かさ、ランドスケープデザインと全体計画の充実ぶり、街並みと調和したレジデンス外観、クオリティとオリジナリティを追求した間取りプランなどは、不動産業界をリードしてきたデベロッパーのひとつならではある。この物件では、低層庭園邸宅を目指した全体計画、全142邸、大型テラス付きなど個性的な間取りに注目したい。


このページのトップへ