「北千住駅」のおすすめ新築マンション

北千住 Area Information

暮らしに役立つ生活環境やおすすめスポットを一件ずつ丁寧に取材してご紹介します。
住宅アナリストによる「街力」検証レポート
住宅アナリスト 山本 好延

  • 進化力
    「街力」を考えるとき、いつも心がけていることは、その街の「いまと未来」を分析すること。換言すれば、これまでどのように進化してきたか、さらに未来に向けてどのように進化しようとしているのかを、ウォッチしているのである。そんな中で、古くからの街・北千住は、つねに進化し続け、未来も楽しみな街の代表例として、筆者は位置づけている。「いま」では、北千住駅前に広がる都心を思わせるショッピングゾーン、荒川沿いに広がる緑の自然、子育てにうれしい充実の生活施設などが挙げられる。「未来」では、足立区のリードのもと、東京藝術大学千住キャンパスをはじめ、帝京科学大学、東京電機大学東京千住キャンパスなどが相次いで開校。道の整備、人口の流入など、「キャンパスタウンの未来」へ向けて進化し続けているのである。「交通要衝の地」としての高い評価も含め、楽しみな街である。

  • 価格力
    マンション価格というのは、土地購入費、建設費、事業費などから構成されるが、その販売価格は、やはり立地、住環境、その物件のもつ特色などを総合的に考える必要がある。本物件の場合、2400万円台~4200万円台予定で、3LDK74崑~79崑罎2900万円台中心予定という。この価格設定は、先述した進化力、後述する自分力などを加味してもあまりある「検討に値する」といえるのではないか。ランニングコストに配慮したエコロジー&エコノミーな空間も、家計にやさしいといえる。

  • 自分力
    自分らしいライフステージを実現したい。そんなユーザーには、本物件の「ONE’S SYSTEM+ユトリエ」というのは、うれしい限りではないか。詳細は別稿に譲るが、例えば間取りメニューなど、かなり自由度が高く、こうしたいという理想を現実にぐっと手繰り寄せることができるシステムで、自分らしい空間が実現しそうである。そのためには、しっかりとした自分らしい空間を確立し、このシステムが提案すると照らし合わせていくとよい。

このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ

「北千住駅」のおすすめ新築マンション