京王線「八幡山駅」のおすすめ新築マンション

La Cocina

(スペイン料理のデリカテッセン)

La Cocina 画像2

ローストチキンの美味しさやパエリアなども人気メニュー

ローストチキンとスペイン料理のデリカテッセンの店で、La Cocinaとはスペイン語で“台所”という意味。スペインのバルセロナ出身のベニートさんが一人で切り盛りしており、美味しいローストチキンはもちろん、パエリアやオイルサーディンなどの惣菜も人気がある。料理の他にもスペインのワインやビール、珍しい缶詰なども扱い価格もお手頃だ。店内はアットホームな雰囲気で、陽気で日本語の達者なベニートさんおしゃべりも楽しめる。

La Cocina 画像3
La Cocina 画像4

プロフィール

  • 世田谷区上北沢4-34-11 Bios上北沢101

  • 03-3304-7353

  • 14:00〜22:00

  • 月曜日

このページのトップへ
住宅アナリストによる「街力」検証レポート
住宅アナリスト 山本 好延

  • 駅近力
    2012年マンション市場の特色のひとつは、専有面積が30屐59崑罎離灰鵐僖トマンションの増加。そのシェアは全体の30%を超えるのではないかと予測されているが、気になるのがアクセスや住環境などにお構いなしの「狭かろう安かろう」という物件の登場。コンパクトいえども、〆粘鷄悗らの徒歩分数、⇔氷イ文鯆魅▲セス、住環境の3点をクリアしてこそ、真のコンパクトマンションといえる。本物件は、八幡山駅から徒歩2分。駅からは、高架下の寿司店、書店、薬局などがある京王リトナードを行ったところ。深夜の帰宅は気にならないし、傘が不要なのもうれしい。

  • アクセス力
    八幡山駅から新宿へ12分、渋谷へ13分。京王線というと、調布市、府中市、さらには多摩ニュータウンなど都下の物件が主力だが、京王線沿線ライフを楽しみたいシングル女性名、アッパーDINKSは、もっと新宿、渋谷寄りに住みたいと思うはず。そんな中で八幡山は「23区内」、しかもややアッパーでセレブ系の世代が数多く住む「世田谷区」立地であることも注目される。

  • 住環境力
    駅周辺を歩く。高架下の京王ストア、野菜など生鮮食料品が新鮮・廉価なスーパーオオゼキなどがあり、利便性は高い。またここに住む人たちのステータス感を満足させるオシャレなショップも多い。行列ができる有名シェフのヨロイヅカ・パティスリー、和ベーグルが人気のケポベーグルズ、フレンチのアンダンテなどの名店がそれである。以上のように、立地、アクセス、住環境、全体としての快適度・安心度などを考慮すると、シングル女性、アクティブDINKS向きといえる。

このページのトップへ

京王線「八幡山駅」のおすすめ新築マンション